2009年9月26日土曜日

三次元画像の誘惑

デジタル処理とは、広い意味を持ち、しかもその意味が日を追って変わり続ける。古典の画像資料を対象としたそれは、したがってただ記録の媒体を在来の紙あるいはフィルムに取り代わってメモリー・ディスクを持ち出したには限らない。画像をスクリーンやモニターに映し出すのと同時に、人々はさまざまなかつて存在しなかったものに挑戦する。

その中の一つは、いわゆる三次元画像だ。代表的なテーマは、あの洛中洛外図が挙げられる。作品群の形をなす大きな数の名品の作成と伝存、実際の都市景観との対応、いまなお人々の生活が行われつづける時間の連続など、さまざまな要素が重なり、このような試みへの期待が明らかに感じられる。関西地域で生活していれば頻繁にそのような研究の進歩を時の話題として接することができる。たとえば日文研ではすでに十年以上前からこれを課題として取り掛かり、半年ほど前には、立命館大学動体計測研究会主催の研究成果報告会も行われた。

考えて見れば、目の前にある様子をこれから撮影しようと思っても、それを三次元のものとして仕上げるためには、特別な工夫を施さなければならない。突き詰めて言えば、二次元画像以上の情報を取り込まなければ、三次元画像にはならない。そもそも絵師の構想を経た、その腕前によって大きく左右された二次元の画像を三次元のものすることは、その根底においてかなりの無理が存在していよう。ただし、そのようなことを嘆いたり、不可能だと諦めたりばかりするのは、芸がない。そもそも人間の飽きない知的な願望がこれを支えている。不可能なものに誘惑を感じているからこそ、新たな可能性が隠されているものであろう。

090926あるいは一ヶ月ほど前に発売された一つの小さな新製品がヒントを示しているかもしれない。三次元写真を撮る、見せるデジタルカメラだ。レンズ二つのカメラなら、ずいぶん昔からあれこれとあったが、それがついにデジタル装置として生まれ変わり、しかもその気さえあればだれでも手に入れられるまで身近なものとなった。デジタルという保存と処理の手軽さ、画質の精密さ、ディスプレーなどの周辺装置との連動など、まさにわくわくさせるような道具の進歩である。現実生活の中で、新しいタイプの画像としてビジュアルの情報を記録し、使用し、それを楽しむということを通じて、新たな期待や習慣が身に付けるようになる。まさにその過程で古典画像を立体的に見る、見せることが現実性を帯びてくるのではなかろうかと、想像したい。

2009年9月19日土曜日

ローマ字はモノグラム

前回に引き続き花押のことを考えてみたい。今度は英語圏に目を向けてみる。そこにも文字と絵との交差というものはもちろん存在している。漢字は花押なら、ローマ字はモノグラム(monogram)だ。

北米で生活していると、日常の中で日本のと違う作法あるいはスタイルをあげるとすれば、そのトップに個人の署名が上げられるだろう。印鑑というものはほぼ存在せず、その代わり署名というのは、仕事の場に限らず、クレジットカードでの買い物などでも頻繁に要求される。最近になって、署名用電子パットを用いるような業種まで多く見られるようになった。自分の署名の書き方を思い巡らし、あれこれと試して見るという経験はいまでも記憶に新しく、成人に向かう若者たちの模索をじかに見つめたことも一度や二度ではない。

090919しかしながら、そのような署名の文化において、モノグラム はだいぶ異なる役目を果たしている。あえて言えば、漢字圏で署名そのもののために発達してきた花押と違って、モノグラムは、おなじく文字を用いて絵的な構図を作り上げていても、実際の役目は、むしろロゴの一種だ。頭文字などを視覚的な効果を狙って丁寧に組み合わせ、洗練された構図に仕上げるる。一方では、それは集団や個人のシンボルになっていても、実際に関わったことの証明としての署名にはさほど使われていない。実際に生活の中で見かけるのは、バッグなどの商品のデザイン、野球球団のロゴなどがすぐに思い起こされるものぐらいだ。

ちなみに日本での生活風景の中ですぐに思いつくのは、JRということではなかろうか。英語圏の文化で言えば、それは「リガチュア(Ligature、合字)」と言い、さらに違うカテゴリーに分類されるものだ。

2009年9月12日土曜日

花押と画押

文字は、それ自体一つのビジュアル的な表現媒体でもある。現代の生活においてこそ、教育基準やらパソコンにおける文字コードやフォントセットやらという過程を経て、文字の同性化がすさまじいスピードで進み、文字のビジュアル的な特性は、わずかに書道などの場において認められるぐらいだ。一方では、歴史的な文化伝統において文字と絵との交差、言い換えれば文字でありながらも絵的な要素を限りなく必要としたものと言えば、おそらくまず「花押」を挙げるべきだろう。

花押という言葉は、最初は日本語の単語として覚えた。とりわけ武士のそれなどを眺めて、言葉とそれが指し示す対象と時代の中における位相など、一つの中世文化のセットとして習い、理解していた。それが唐や宋の文献や詩・詞に頻繁に登場し、りっぱな中国語だと気づいたのは、だいぶ後のことだった。もともとかなり近代まで使われていた言葉には、「画押」がある。発音が近くても、こちらのほうは動詞であり、自分の名前を意味する「押」を紙に「描(画)く」ということになる。しかもあの魯迅の小説に登場した阿Qという人物のエピソードに代表されたように、文字を上手く書けなくて、やむをえず自分の名前の代わりに、時にはなんでも良いから勝手に書いたものというニュアンスまで加わった。

090912中国の歴史上、広く語られた花押としては、宋の徽宗皇帝のものがある。筆の数がきわめて少なく、単純な構成を取っているが、間違いなく考え抜かれて、洗練されたものだ。あわせて四本の横・縦の線が示したのは、「天下一人」という四つの文字だ。二番目の横線が三つの文字に計三回使われたという計算になる。まさに天下人の花押だから、その背後に隠された政治的、文化的な威厳も無言に伝わって重い。

ならば、花押と文字との一番の違いはどこに存在するのだろうか。答えが明瞭だろう。万人共通、天下に通用するという文字と違い、花押はあくまでも一人の人間についての情報であり、その人間が関わりをもつ範囲にのみ使用され、機能されるものだ。その意味では、皇帝も武士の将軍も、権勢を持っている間は、天下と同一視され、その花押も万人に知られるとの理屈になるが、それが時代の移り変わりと共に淘汰され、忘れられてしまう。すなわち、特定の人間のことが分からなければ、その人の花押とはそもそも意味を成さないものだ。花押を読み解き、識別することの難解さも、なっとく出来る感じだ。

2009年9月5日土曜日

絵巻から飛び出したパオ

目的もなくインターネットのリンクをあれこれとクリックしているうちに、右の写真(上半分)にたどり着いた。中国の辺地を旅行する愛好家が撮ったスナップ写真だが、いつかどこかで見たことがあるような原風景で、はっと心が打たれた。

写真に写ったのは、あの万里の長城の西の端っこなる嘉峪関にある観光地の一角である。「天下第一墩」という名前で知られているもので、長城のスタート地点としてのシンボル的なものだ。「墩」とは日本語で使われていない文字だが、現代中国語ではかなり使用頻度の高いもので、ここでは土を盛り上げた台、建物の土台といったぐらいの意味を持つ。明の時代に修築した長城の土台が昔の姿をほとんど消えた形の遺跡となり、古戦場の面影を覗かせている。そこで、長城とのゆかりから、新たに復元された軍隊の駐屯地が一つのテーマ区域となり、写真に収めたものだった。

答えはすぐに思いついた。この風景の既視感は、あの絵巻の画面からくるものだった。「胡笳十八拍図」である。写真と対照して、絵巻から一つの画面から小さな一部分を取り出して、観光写真と並べた。匈奴に攫われた蔡文姫という女性が主人公を描くものだが、画面に小さく描かれたのは文姫自身ではなくて、彼女の侍女の一人だったと思われる。建物を比較すれば、絵巻に描かれた移動的なものと復元建築の半永久的なスタイル、それから規模にも使用される材料にも、多くの違いが認められよう。しかしながら、カメラアングルも関わって、なぜか両者がはっきりと繋がり、遠くにある異域や過ぎ去った古代のことに思いを馳せてしみじみとさせてくれた。

復元の建物はなにを根拠にしたのだろうか。もともと宋の絵巻など参照の対象には上らなかったのではなかろうか。そんなに昔の資料に遡らなくても、近代の記録、それになんらかの建物の実物などで十分に用を満たすことができるに違いない。いずれにしても、復元建物を捉えた観光写真のおかげで、ひさしぶりに絵巻の画面を眺め、思いに耽るひと時を得た。