2010年12月24日金曜日

歌サロンの再現

大学では、今年最後の一週間に入った。仕事締めくくりの合間に、同じ学科の教授が一席のコンサートを用意した。さほど宣伝もしておらず、集まったのはわずか200人ちょっとの規模にすぎなかった。しかしながら、だからこそ西洋文化伝統の一面を窺いえたような思いをして、短い時間をすっかり堪能できた。

コンサートのテーマは、同教授の最近の研究課題とも関連して、ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド(Pauline Viardot)という名の十九世紀フランスの声楽家・作曲家である。ただし、これはあくまでも一つの枠組みである。この設定に沿って、自由自在に音楽の傑作が鏤められた。ステージに上ったのは、個人的な繋がりで迎えた世界レベルの歌手、大学が擁する国レベルのピアノ演奏家であり、加えていまだ在学中の学生四人による朗読が司会の役目を果たした。ステージの設計は、即興でいて、流麗。高い水準の歌や演奏は、言ってみれば観客の拍手の声をはるかに上回るものがあった。ここに奥ゆかしい音楽サロンの再現がコンセプトであるが、それについてほとんどなんの知識も持ち合わせていなくても、しっかりした伝統の力を感じえた。

歌のサロン。日本の伝統に置き換えるならば、さながら能楽あるいは連歌、といったところだろうか。ただ、そうだとすれば、能も俳諧も現代の生活の中で、こうも気軽にステージを構成できるとは、とても思えない。

An Evening in Weimar

2010年12月18日土曜日

プログラミングの躓き

今年度の仕事が一段落して、数日の余裕が出来たので、ひさしぶりにプログラミングにでも挑戦してみようかと、iOSのアプリに目を向けてみた。しかしながら、わずか一日ちょっとで、もののみごとに思いはずれだと分かった。このささやかな躓きを書き留めたい。

ソフトに取り掛かるための初期投資は、なにも要らなかった。アプリを作成するプログラムをダウンロードするのみで事足りた。ただ、やってみたら、そのプログラムのサイズにはびっくりした。3GBのファイルで、パソコンで展開したら10GBものスペースを占めた。ここにすでに良からぬ予感が漂った。そして、関係する説明やオンラインの議論などを読んでみて、ネガティブなコメントがかなり多い。自分の手でいざ試してみようと思ったら、それぞれのタイプのデバイス、同じデバイスのそれぞれのソフトバージョンに個別に対応し、しかも互いにほとんど交換性がないことには驚いた。そもそもスクリーンサイズやアイコンから全部違う。さらに、入門者にとってのてっとり速い手段はサンプルなのだが、公式サイトが提供しているサンプルは、入れたてのプログラムでは、おそらくサンプルのバージョンが一つ遅いせいか、すでに動かない。しかもよく調べてみれば、プログラムはすでにパソコンのシステム認証IDを変えてしまったらしく、そこから対応しないと、かなりの部分が動かないとか。ここに来て、さっさと力負けを認め、お手上げだ。

思えば、ソフト作りをすこしずつ習って実践する人に取ってみれば、作ったものがはたして通用するのかが一番の不安だ。逆に言えば、模索して書いたコードが期待するとおりに動いたときの悦びこそ新参者にとっての醍醐味だ。iOSでは、そのようなことはなぜか期待できそうにない。異なる種類の実機へのテストはまずは現実的ではなく、不特定多数の人に使ってもらうまでには任意性の高い審査が待ち受けている。だれでも使えるというのが謳い文句だが、どうやら自分がその「だれでも」のグループに入らないのがたしかのようだ。

2010年12月11日土曜日

「自炊」その後

数ヶ月前、あるニュースレターに随筆を頼まれて、デジタル書籍に関連する自炊のことを書いてみた。今週、それが発行され、同じ文章を自分のサイトにも載せた。したがって、実際に「自炊」を試みたのではなく、あくまでも一つの議論を書いた「その後」ということである。

こういう性格のものだから、数ヶ月のうちに状況が大きく変わるものだろうと、最初から気になっていた。案の定、昨日のNHKニュースはそのような変化を物語る象徴的なエピソードを取り上げた。いわば電子書籍出版をめぐる出版社の対応である。報道されたのは、とある大手のものだった。担当者の仕事ぶりを見せるもので、それこそ数百冊のタイトル、億単位の売り上げをもつ一人のメジャーな作家に、一紙の契約を促すものだった。なぜかはらはらして目を疑った。スケールが大きいというか、いささか乱暴というか。はたしてカメラ前でその作家は戸惑いを隠さず、自分の作業に影響がないとまずは確認し、「編集者との信頼関係だ」と付け加えた。出版社の意気込みはたしかだ。ただ、そのような努力が、紙媒体が持たない電子メディアならではの特徴をしっかりと見据える未来志向のものにつながることを祈るのみである。

ところで、「自炊」という言葉はどうしても落ち着かない。はたして個人デジタル化という行動が続いているうちに違う表現に取って変わるのか、それとも将来になっても一つの風変わりな行動を記録するための変わった表現として覚えられるか、ちょっぴりしたみものだ。いずれにしても、「自炊」という行動がそう長く続くとはとても思えない。

2010年12月4日土曜日

電子図書館、解決編

先週の出来事のその後を記しておく。まずは、決着があっさりと決まった。週明けにさっそく図書館から電子メールが入り、ダウンロードのソフトを提供する会社からの返答で、対応方法が書いてある。その通りにやって、あっさりと問題クリアができた。その解決方法は、あわせて六つぐらいのiTunes関連のソフトを一つずつ、しかも所定の順番に従ってパソコンから外し、その上ソフトを入れ替えるというものだった。

この経験から、じつにいろいろなことに気づかされた。まずは、Windows上で稼動する第三者のソフトとなれば、それがどんなに優れた会社によって作られたものであっても、予想外の問題には、いまのように暗中模索をしながら対応せざるをえない。アップルのソフトは、かなり汎用なものになったが、それがいくつものユニットに分かれた。この仕組みは、そもそもリソースの節約、重複の回避が理由なはずだが、いまのようなケースでは、それがはたして最善の方法なのか、はなはだ疑問が多い。そもそも一つの小さな外部ソフトへの対応のために、ソフトを外すことからやりなおし、それもエンドユーザーに任せて、マニュアル的に作業をさせるのみというのは、どう考えてもいささか情けない。しかしながら、まさにいまのような規模になってしまったものだから、いまさら簡単に変えられるものではなさそうだ。

ソフトは、すこしずつ積み上げられるものであり、しかも出来上がってしまえば、簡単にリセットできるようなものではない。これも現実の一部なんだ。なにかを始めようとするとき、肝に銘じたい。

Removing and reinstalling...