2017年10月14日土曜日

産褥の読み方

お伽草子の画面において、出産は繰り返し描かれるテーマの一つである。状況、行動、そして人物が画面から極限までに削られたところ、残された構成内容とは、白い服装と、座った姿勢を取る産婦を囲む、うず高く積み重ねられた専用の空間である。この特徴的なスペースのことを、当時の人々はたしてどう呼んでいたのだろうか。じつはこの答えを求めて、関連の知識を持っていそうな人に会えばすぐ聞いてみている。ただ満足な結果にいまだたどり着いていない。

そんなところ、江戸も後期の書物である「病家須知」のいちページが目に飛び込んできた。すこしヒントになるのではないか思われた。早稲田大学図書館の所蔵がデジタル化されているので簡単にアクセスできた。示された言葉は「産褥」である。絵から判断して、同じ空間のことが示されているとは明らかだ。言葉の読みは、「サンゴの子ドコロ」だった。もともと、この言い方ははたしてこの語彙の読み方なのか、注釈的な説明なのか、にわかに判断できない。同時に「ジャパンナレッジ」データベースからこれを追跡してみれば、「産褥(さんじょく)」はどこまでも現代語の語彙として扱われ、平安時代の文献にみる「産屋」の訳語として頻繁に用いられた。

古典画像と同時代の文字文献とを照合する努力の具体例として、ここにあげた構図や言葉について週末の学会での発表で取り上げた。あわせて学会プログラムなどの詳細を添えておく。

JSAC CONFERENCE

2017年10月7日土曜日

TED@317

日本歴史入門を英語で教えるクラスは、今年五回目の担当となる。今年も定員百人、一時は満員となったが、そのあと数人離れ、いまは落ち着いた顔ぶれとなった。使用する教科書などは変わらず、ほぼ同じ内容の繰り返しだが、毎回はすこしずつ手入れをしたりして改善を続けた。今年は、TEDというスタイル借りての学生発表を試みた。

学生たちに提示したタスクは、TEDを真似した「3分プレゼン」である。テーマは講義リストから選んでもらう。クラスの時間は貴重なので、毎回先着順で2名までとし、それ以外、あるいは最初から講壇に立たない選択をする人は録画して提出させる。内容に独自性を求め、いまの学生には、発表にタイトルをつけるなど基本的なことをむしろ繰り返し強調しなくてはならない。提出の方法は、学内システムの「D2L」を用い、クラス内で共有するため、先生のみ見られる宿題のセクションではなく、全員アクセスできる討議のセクションを選んだ。ビデオファイルのサイズを考えて添付には不安が残り、Dropboxなどの使用をあわせて提示した。集めたものは、さっそくクラス名で登録したYouTubeのチャンネルに集め、公に公開しない方法でクラスに提供することを予定している。

この作業の締め切りは来週の週末。どのような作品が出来上がるのか、仕掛けた本人はむしろ一番わくわくしている。よい作品は、講義の合間に上映する予定だ。さらになんらかの形で傑作コレクションを纏めて公開することも視野に入れたいものだ。

2017年9月30日土曜日

パンダの名前

今週伝わってきたニュースの一つには、上野のパンだの赤ちゃんに関連するものがあった。生れて百日過ぎたところでようやく名前が決まり、それが大々的に発表され、一つのフィーバーを巻き起こした。

個人的には、名前そのものではなくて、それの英語表記に目を奪われた。名前に用いた文字はまず無難であり、シャンシャンという響きも心地よい。ただ、発表の場において示されたローマ字表記は、なんと「Xiang Xiang」となっている。これを知らずに最初に英語でかわされた情報に接したとき、それを伝えた人が単純なエラーをしたとばかり思い込み、気に止めなかった。だが、同じ表記が再び目に入り、ようやくこれが正式なものだと知り、不思議でならなかった。結論からいうと、「Xiang Xiang」とはいうまでもなく日本人には通じなくて、英語としても平均的な人々が発音できないものである。これが採用された意図も文脈も難解である。そこで同僚の一人に教えてもらったらようやく説明がついた。すくなくとも発表の場のあの表記は、中国語のつもりなんだ。日本人を相手にして、たとえばスベインやイタリア関連の出来事ならその言語で表記するのと同じ理屈で、中国語表記をしているものである。ただ、中国語を母国語とするわたしには、こう言われるまでにはこれが伝わらなかった。理由は簡単だ。ピンインというものは、発音を記録する手段や、中国語習得のツールであっても、中国語表記の一部分として全面に押し出されることは現実的にはほとんど皆無だからである。

やっかいなことに、パンダの名前という出来事を英語として伝えるとなれば、これで余分な苦労が生じてしまう。事実、ほとんどの英語の記事は「Xiang Xiang」の表記を用い、これがはたしてどこの国のことなのか分からなくなるという混乱が起こり、はてには「日本語ではShan Shan、中国語ではXiang Xiang」という妙な記事まで現れた(Daily News, 2017-0-25)。記者の神対応に脱帽だ。