2019年2月9日土曜日

レボがない

はじめて開講する古文の授業は、すでに四週終えたところだ。全体の構成を文法事項を順次解説することを骨組みに組み立て、それに沿って、オリジナル古典の名文を紹介し、週に一篇、150字程度の文章を取り出していっしょに読む、というやりかたを取っている。

日本語学習者にとっての古文勉強は、古典への見識もさることながら、現代語への見直しが重要だと考えている。はたしてそのような狙いが形になってきている。先週の会話から興味深い実例があった。授業のあと、ある熱心な学生は丁寧に記したメモを見ながら質問してきた。曰く、クラスで提示した動詞活用に関連するスライドに、活用形の「レボがないため、詳細を確認したい」。タグのつもりでレボ(lable)を選んだのだろう。振り返ってみれば、動詞活用の全体像を説明したあと、具体的な活用形について、未然、連用のような用語を避けようと、あえて「ず、て、こと、ば」といったような形で言葉の実例を掲げることにした。専門用語からの負担を減らそうと工夫したつもりだが、論理的にアプローチをしようとする大学生にはかえって不安を与える結果になってしまった。いうまでもなく反省し、付け加えることにしたい。

いまの授業計画としては、一学期の十二週間のうち、十週程度までは文法事項を中心に進める予定だ。加えて週一回の小テストを設けて内容を確認する。ただ、文法中心の発想ははたして最善なのか、いまのような学生に一番ためになるものはなにか、つねに自問自答をしている。

2019年2月2日土曜日

ホーム・ハブ

音声コントロールの機器が周りで増えている。一方では、個人的にはずっと導入を躊躇ってきた。若者の、とりわけ一人で暮らしている人の話を聞くと、取り入れてみたら、未来生活っぽくて気持ち良いとの声もある。いずれは試してみないと、数日まえ、つい第一号機を購入した。

選んだのは、「Google Home Hub」。日本では特別に公式な訳名があるわけではなく、英語表記になっているらしい。なんとなくマイクとスピーカーだけの機器には自信がなくて、画面つきのこれなら、いわば音声コントロールへの助走が用意されたような感じで、背中を押してくれた。箱から取り出し、さっそくあれこれと試した。まずは音声でのGoogleとの会話。友人知人の名前を投げ出したら、公式サイトなどからしかるべき情報を持ってきて、要領よくしゃべってくるには驚いた。外国語能力も気になるが、英語を日本語や中国語にするのには、問題がなさそうだ。反対方向の使い方はまだ模索している。ハブと名乗っている以上、すべての家電をまとめることに主眼を置いていると分かる。室外のカメラ、室内の温度調整など、さっそく音声での管理が可能になった。ただし、スマート電源のTP-linkは、いまだ対応の長いリストに現われていない。展開はすこしずつしか実現できないだろう。

新しい機器の仕組みが一通り確認できた。行き届いたデザインや素早い反応などには、大満足。一方では、同じ疑問が消えたわけではない。しずかな自宅の中で、機械に向かってしゃべって指示を出すことには、日常行動としてなかなか踏み出せないでいる。

2019年1月26日土曜日

春日の里

古文クラスは二週の講義を終えたところだ。文法のルールだけではやはり面白くない。ありのままの古典にすこしでも接してもらいたいと思って、短い段落を持ち出してみんなで読んでみた。最初に取り上げたのは、「春日の里」(かすがのみさと)と呼ばれる『伊勢物語』の第一段である。

ならば、絵も併せて見せたくなる。これまで特別に集めているわけではなく、電子公開の多いところから調べて、簡単に手に入るものから使うようにした。早稲田大学図書館も国会図書館もデジタル公開で数点読ませてくれている。右は、月岡丹下画(寳暦六)(早稲田)の挿絵の一部である。それにしても、物語の原文にあわせて読めば、ツッコミ所満載だ。春日といえば鹿、目に入った女性が二人という、物語の構成はたしかに踏まれている。ただ、初冠の主人公、平安時代なら12歳との説まであるが、とてもそのような初々しさが見られない。狩衣の模様はどうやら草だろうけど、歌の読みどころである「しのぶずり」を表現するにはやはり程遠い。もともとほかのバージョンだと、それが紅葉だったり、丸い紋だったりして、いっそう関連性が薄い。そして、そもそも物語に伝えたところでは、「裾を切りて歌を書」いたのだが、そのような簡単に表現できるものでも無視されて、男がそのまま裾に筆を走らそうとしているのだ。

版本の絵柄は創作の到達を成し、このような構図を起点としてさらに屏風や、ひいては新作の絵巻などまで作られたことが多く報告サれている。「吉野の里」に関連すれば、どのような展開が広がったのだろうか、いつかじっくり調べたい。