2019年8月17日土曜日

観光メモ

短い休暇から帰宅した。旅の後半は、ケベック市で過ごした。町の歴史は、じつに江戸が作り始められたころの十七世紀の初頭にまで遡る。重厚な文化の蓄積にはさすがなものを感じた。

観光の町としての評判は高い。素晴らしい風景などへの期待は大いに満たされたが、それよりも実際に歩いてみて、観光資源作りという、いわばソフト面の整備には感心させられた。おもな観光スポットでは大道芸人たちの姿が絶えない。観察してみれば、それぞれきっちり45分の順番で交代し、出演者のリストを明記したところまであった。一方では、大掛かりな行事もあっちこっち行われている。サーカスのショーには千人以上の観客が集まり、駆けつけてみれば、二時間まえからすでに席取りが始まっていた。夜のコンサートはりっぱなステージを構え、名前の通った芸術家が続々と登場し、周辺道路を歩行者天国に早変わりした。しかもどちらも完全に無料である。観光の町を作り上げるために、官民一体になって力を合わせていることをひしひしと感じ取れた。

モントリオールからの移動は、鉄道を利用した。席はゆったりして、無線通信なども提供されている。ただ、2時間に一本しか運転せず、250キロの距離を走るのに四時間近くもかかった。思えば大学生だったころ利用していた鉄道とまったく同じスピードだった。中国のそれは、しかしもうすでに四十年もまえのことだった。

2019年8月11日日曜日

印象モントリオール

夏休みの後半、休暇を取ってモントリオールにやってきた。飛行時間は四時間、時差は二時間、けっこうな距離だった。古い写真などを繰り出して見てみたら、学会などの出張は別として、前回家族とともに訪ねたのは、じつに1991年の冬、ずいぶんと昔のことだった。

季節だからだろうか、観光客が多い。とりわけ新しいものに関心を寄せる若者が圧倒的だ。フランス語の町という評判は、その通りだ。ただ、なんと言ってもカナダの一部であり、たとえばイタリアなどのように、会話しようとしても話が通じないというわけではなく、だれでも口を開ければ自然な英語が戻ってきます。ただ、英語しか分からない人にはやはり親切とはほど遠い。道路や店の看板などはすべてフランス語。評判を追って入ったレストランでは、人間の名前をもってメニューを作り立てて、ほとんど文化的な意地まで感じさせられた。日本料理の店もかなり目に入った。名前は「OHANA」とかでそれらしく聞こえるが、店の作りは通りに向かって全開、いわゆるオーセンティック(本物感)という工夫とはまったく無縁の、とにかく自由はつらつ、解放感いっぱいで、思わず感心するぐらいだった。

今度の旅の狙いは、ロージャス・カップ。それも決勝のチケットまで取れている。日本のビッグ・プレーヤーが続々と名前が消えたのは残念でならないが、テレビで覗いていた様子はやがて目の前に現われてくる。はたしてどのような風景だろうか。

2019年8月3日土曜日

鎌倉の大イチョウ・伝説

鶴岡八幡宮の「隠れ銀杏」について、何回となく書いてきた。(「鎌倉の大イチョウ」、「鎌倉の大イチョウ・続き」)実朝暗殺という一大事件だけに、銀杏をめぐる記述もきっと由緒正しいものだとばかり思いこんできた。ただ、事実はどうやら違うらしい。

関連する記述をいくつか眺めてみよう。『吾妻鏡』には、「窺来於石階之際、取剣奉侵丞相」とある。暗殺の場所は高い階段の途中、武器は剣という、きわめて簡潔なものだった。『愚管抄』になれば、「(公暁が)下ガサネノ尻ノ上ニノボリテ、カシラヲ一ノ刀ニハ切テタフレケレバ、頸ヲウチヲトシテ取テケリ。」転倒した実朝の体の上に乗りかかり、動きに任せてあっけなく首を切り落としたと、簡潔ながらもリアルな語り口だった。さらに『増鏡』(「新島守」)では、さらに驚いた詳細が加わった。「(公暁が)女のまねをして、白き薄衣ひきおり、大臣の車より降るゝ程をさしのぞくやうにぞ見えける。あやまたず首をうちおとしぬ。」狙い定めて冷静に行動した公暁の様子が漠然と抱いてきたイメージとはだいぶ違う。その彼はなんと女装までして緻密に計画して暗殺に取り掛かったのだった。

そこで、銀杏がこの激動に登場してきたのは、徳川光圀の『新編鎌倉志』を待たなければならない。「相伝ふ、公暁、此銀杏樹の下女服を著て隠れ居て、実朝を殺すとなり。」(「鶴岡八幡宮・石階」)さすがに四百五十年も経ったあとのことであり、古老の伝説として記されていた。平和な世の中、すでに観光地と化した鶴岡八幡宮の境内において、あのころの銀杏は、きっと圧倒的な存在感を見せていたに違いない。(写真は「鶴岡八幡宮境内図」より)

2019年7月27日土曜日

動く花押

北条家十六代の執権十六人の花押を一つのサイトに纏めてみた。名づけて「動く花押」。GIF動画をもってその書き順を再現してみようというのがささやかな狙いである。動画ファイルはいずれも二か月ほど前に公開したが、それを一か所に置いてアクセスしやすいようにした。

あらためて特設ページを設けるにあたり、つぎの二つの内容を付け加えた。一つは、筆の動きを読み取るための根拠である。一枚のみの花押から筆順を十分に識別できない実例が多く、その場合、同じ人間による他の花押が重要な参考になる。それぞれの動画につき三つの画像を選び、注目したい筆捌きなどに小さな矢印を添えた。ただ筆順が複数の実例同士で明らかに異なる場合さえあり、わずかだが、完全なる根拠にならないケースも認められる。それから、サイト解説にも記した通り、この作業が拠ったのは、史料編纂所公開の「花押カードデータベース」である。さいわい、同データベースは、単独のカードへのアクセスリンクを提供している。そこで、根拠画像と作成した動画について、それぞれオリジナルカードへのリンクを添えた。クリック一つでカードを参照することが可能になっている。

最後に、北条家の系図を添えた。上記のデータベースは、北条家計58名の花押を収録している。それらの花押を一枚の系図に集結させて、一覧とした。

動く花押 Moving KAO